脱毛方法の種類とその特徴

脱毛方法の種類・セルフ処理とプロの施術

脱毛方法は単純に分けると自宅で処理が行えるものと、サロンなどでプロに施術してもらう方法の2種類に分かれます。自宅でも処理が可能な脱毛方法といえば、毛抜きで抜く方法やワックスやクリームなどでムダ毛を抜き去る手段です。また多くの女性が一度は経験したことがある方法にカミソリで剃るというものがあります。しかしこれらの方法は安価でお手軽な反面、お肌を傷めやすいというデメリットも含んでいます。また最近では自宅にいながらにしてエステのような施術を受けることができる、家庭用脱毛機器も販売されています。しかしこれらの機器は数万円から数十万円するものまであり、比較的高価な傾向にあります。このようなことを考慮すると多くの方は確実な効果を求めて、脱毛サロンや美容クリニックなどで施術を受けるようです。脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛方法は、大きく分けると3種類に分類されます。1つはエステサロンや脱毛サロンで行われる光脱毛やフラッシュ脱毛です。2つ目は美容クリニックや美容皮膚科で行われる医療レーザー脱毛です。そして3つ目は医療用の針を用いて施術を行うニードル脱毛です。これらの方法は費用や効果・痛みの有無など、施術の内容もそれぞれに違いがあるのが特徴です。

それぞれの特徴やメリット

ニードル式脱毛とは極細の針を直接毛穴に挿入して、そこから微弱の電気を流して毛根の細胞を破壊するのがメカニズムです。効果は確実で一度処理を行えば一生ムダ毛が生えないといいます。その反面施術の際に強烈な痛みを伴うことが多く、費用も高額な傾向にあるため最近ではあまりメジャーではないようです。一方の光脱毛・フラッシュ脱毛は最近ではレーザー脱毛と並んで、多くの女性に支持をされている方法の1つです。光脱毛は複数の波長の光をムダ毛に照射することで、毛の黒色の色素に反応して細胞を処理します。光脱毛は広範囲を一度の施術が出来る点や、照射力が緩やかなためお肌に優しいというメリットがあります。また脱毛費用も比較的安価で各パーツごとに施術が可能なため、お財布にも優しいという特徴があります。医療レーザー脱毛の脱毛のメカニズムは、黒い色素に反応するという点では光脱毛と同じ原理です。圧倒的な違いはレーザー機器の照射力が強い点です。光脱毛よりも強力な照射力を誇るため、専門の医師のみが施術を行うという決まりがあります。医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて若干の痛みを伴うようですが、その分高い脱毛効果を実感できるといいます。また費用は光脱毛よりも高額ですが、脱毛完了までの期間が短いのも最大のメリットです。