皮膚科による脱毛の良い所

脱毛サロンと違い、皮膚科では医師が施術をしてくれます。
また、医師しか扱えない高出力のレーザーがあるので、サロンより早く効果的に毛をなくすことが可能です。
金額はサロンの方が安いですが、効果が出ないまま何回も通っていると、最初から皮膚科で施術を受けた方が結果的に安くなることもあります。

 

脱毛は毛の元となる毛母細胞を破壊することで、毛をはえなくさせます。
そのため、フラッシュでもレーザーでもお肌への刺激はかなりあります。

 

お肌が強い人でも、脱毛後は入浴を控え、皮膚を冷やして安静にしなければいけません。
お肌が弱い人は、サロンでの脱毛を断られることもありますが、皮膚科でしたらお肌の専門家である医師が診断の上施術してくれるので安心です。
また、万一お肌にトラブルが出てしまった時も、医療機関である皮膚科なら万全の対応をしてくれます

 

サロンでは医療系の資格を持った人はいません。
ですからトラブルが起きても薬を処方してくれることはありません。
ドクターサポート付と謳っているサロンも、病院への紹介をしているだけのところがあります。

 

使っている機具も違いますし、医師という資格を持った人がいる医療機関であることは、大きな安心につながります。
そして、サロンではノルマがあるので勧誘がひどいところもありますが、皮膚科では希望した部位のみを行ってくれます。

皮膚科での脱毛完了までの回数は?

皮膚科で脱毛を行う場合、現在主流となっている方式が医療レーザー脱毛です。
この脱毛方法は医療行為であるため皮膚科といった医療機関でしか行うことができず、永久脱毛とも呼ばれるほどの高い効果が特徴的です。
一定回数施術を行うことで徐々にムダ毛が減り、最終的には産毛意外ほとんど生えてこない状態となりその効果が半永久的に続くとされています。
完全にムダ毛がなくなるまでには個人差や施術箇所によって異なりますが、足や腕、ワキといった箇所であれば通常5〜8回程度で十分な効果が感じられるようになると皮膚科では目安が示されています。

 

1度で完全に毛がなくならないのは、毛周期というムダ毛の生え変わりサイクルが存在するためです。
ムダ毛は肌の表面に生えている部分以外に肌の下に隠れて生える時期が来るのを待っている毛も存在しています。
前者は毛周期のうちの活動期、後者は休止期という時期にあたり、2〜3ヶ月のサイクルで入れ替わっています。
医療レーザー脱毛で1回の施術で処理できるのは肌の表面に生えている活動期の毛のみなのですが、活動期の毛はムダ毛全体のうちの約2割程度でしかないため、すべてのムダ毛を処理しようと思えば休止期だった毛が活動期の毛に切り替わったタイミングで施術を行い、少なくともこれを5回は繰り返さなくてはならないということになります。

 

毛周期に合わせて施術を行わなければ十分な脱毛効果が得られないので、サイクルを守って皮膚科に通うことが大切となります。